fc2ブログ
2016/12/21

「リュック・フェラーリの電子音響作品における逸話の構造」の要旨と審査評が公開されました

メインサイトのご案内

urlは Ai Watanabe's Website

プロフィールやスケジュール、Soundcloudなどの各種リンクは上記サイトでチェックしてください。

-------------------


昨年度学位取得した博士論文「リュック・フェラーリの電子音響作品における逸話の構造」の要旨が東京芸術大学リポジトリのウェブサイトで公開となりました。

リュック・フェラーリの電子音響作品における逸話の構造[要旨]

フェラーリが実際に作業したProToolsのデータを用いた分析を評価してはもらえたものの、その分析方法の未熟さや論理飛躍などが反省点として残りました。

「いくつかの問題点が指摘できるが、大きな情熱を持って、これまで日本ではほとんど研究対象にされることのなかった20世紀のフランスの巨星に作曲家という立場から大胆に挑んだ論文であり、この分野の研究として有意義であることが審査員全員に認められた。」

ということで情熱点で合格をいただいたようです(´∀`*;)ゞ
精進します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント