FC2ブログ
2017/12/06

asian meeting recordings #1

メインサイトのご案内

urlは Ai Watanabe's Website

プロフィールやスケジュール、Soundcloudなどの各種リンクは上記サイトでチェックしてください。

-------------------

ブログ滞らせすぎでやばい......

CDのお知らせをしておきます。

youtube
↓↓↓
teaser Asian Meeting Recordings #1

アジアン・ミュージック・ネットワーク
ダウトミュージックよりAsian Meeting Recordings #1(アジアン・ミーティング・レコーディングス#1) が発売されました。

2017年2月、3月にアジア各国より強者のミュージシャン/アーチストが東京に結集、dj sniffとユエン・チーワイのディレクションの元に最強の演奏を繰り広げたものよりセレクトし一枚のCDに編集した全世界注目の音源です!!!

お求めは各地のCDショップまたは、以下の通販サイトより。
doubtmusic 直販部 http://www.doubtmusic.com/mart/mart.html
amazon http://amzn.asia/42OLeWo
わたしから直接でもOKです。 aiwatanabe75757[at mark]gmail.com


参加ミュージシャン/アーチスト(CD登場順):
イマン・ジムボット(バンドン)、ソン X(ハノイ)、大友良英(東京)、クリスナ・ウディアタマ(ジョグジャカルタ)、グエン・ホン・ヤン(ホー・チ・ミン)、コク・シュー・ワイ(クアラ・ルンプール)、小埜涼子(名古屋)、渡辺愛(東京)、 佐藤公哉(東京)、dj sniff(香港&東京)、石原雄治(東京)、ユエン・チーワイ(シンガポール)、石川高(東京)、JOJO広重(東京)、ヨン・ヤンセン(クアラ・ルンプール)、村里杏(大牟田)、KΣITO(東京)、七尾旅人(東京)、スキップ・スキップ・バン・バン(台北)

track listing:
1. イマン・ジムボット(Kecapi, Voice)、ソン X(Vietnamese Traditional Percussions)
2. 大友良英(Electric Guitar)、クリスナ・ウディアタマ(Electronics)、グエン・ホン・ヤン (Electronics)
3. コク・シュー・ワイ(Voice)、小埜涼子(Saxophone)、渡辺愛(Electronics)
4. dj sniff(Turntable)、ソン X(Vietnamese Traditional Percussions)、佐藤公哉(Voice and Violin)、石原雄治(Percussions)
5. ユエン・チーワイ(Electrionics)、石川高(Sho)
6. JOJO広重(Electric Guitar)、ヨン・ヤンセン(Saxophone)、村里杏(Drums)
7. イマン・ジムボット(Kecapi, Voice, Kendang)、KΣITO(MPC pad)
8. 「同様珍貴」 七尾旅人(Voice, Guitar)、スキップ・スキップ・バン・バン(Voice, Keyboard)

録音日・場所:2017年2月24日、25日、26日、27日、3月11日、12日、13日 吉祥寺GOKサウンド
録音、ミックス、マスタリング:近藤祥昭(GOK サウンド)
プロデューサー:dj sniff、ユエン・チーワイ
オーガナイザー:ジャパン・ファウンデイション・アジア・センター&P3 アート・アンド・エンヴァイランメント
カバーデザイン:ユエン・チーワイ
ライナーノーツ:dj sniff

スポンサーサイト
2017/05/02

ボンクリ・フェス

作曲家の藤倉大さんがアーティスティック・ディレクターを務めるボンクリ・フェス のデイタイム・プログラムで拙作が上演されます。檜垣智也さん監修の「リュック・フェラーリの部屋」という企画で、子どもも入れるサウンド・インスタレーションのような空間みたいです。渡辺の曲は11:58ごろと15:28ごろ流れるそうです。

5月4日(木・祝)
池袋・東京芸術劇場

LUCFERRARISROOM.jpg
リュック・フェラーリの部屋 プレイリスト
2017/02/02

CCMC2017

メインサイトのご案内

urlは Ai Watanabe's Website

プロフィールやスケジュール、Soundcloudなどの各種リンクは上記サイトでチェックしてください。

-------------------

CCMC2017、3月4日(土)アンスティチュフランセ東京エスパス・イマージュ

私の担当作品は

15hから拙作、
19h15からFrançois Donato氏の曲、
20h15から Christian Zanési 氏の曲、

です。

翌日曜3月5日の公募コンサートとの共通招待券は私や出演者まで

ccmc2017.jpg
ccmc2017_1.jpg
ccmc2017_2.jpg
ccmc2017_3.jpg
2017/01/05

bonne année!

tumblr_oj512c6PnL1rtu7wuo1_500.jpg


bonne année!
happy new year!
あけましておめでとうございます(*^_^*)

昨年は出産という個人的なイベントにかかりきりでした。
今年はリスタートの年です。
3月4日土曜日にアンスティチュフランセ東京エスパス・イマージュにて電子音楽のコンサートに出演します。

デジタル・ショックーーコンテンポラリー・コンピューター・ミュージック・コンサート
3月4日(土)・5日(日)@アンスティチュ・フランセ東京
CCMC2017

詳細は近々スケジュールやブログに掲載いたします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
2016/12/21

「リュック・フェラーリの電子音響作品における逸話の構造」の要旨と審査評が公開されました

メインサイトのご案内

urlは Ai Watanabe's Website

プロフィールやスケジュール、Soundcloudなどの各種リンクは上記サイトでチェックしてください。

-------------------


昨年度学位取得した博士論文「リュック・フェラーリの電子音響作品における逸話の構造」の要旨が東京芸術大学リポジトリのウェブサイトで公開となりました。

リュック・フェラーリの電子音響作品における逸話の構造[要旨]

フェラーリが実際に作業したProToolsのデータを用いた分析を評価してはもらえたものの、その分析方法の未熟さや論理飛躍などが反省点として残りました。

「いくつかの問題点が指摘できるが、大きな情熱を持って、これまで日本ではほとんど研究対象にされることのなかった20世紀のフランスの巨星に作曲家という立場から大胆に挑んだ論文であり、この分野の研究として有意義であることが審査員全員に認められた。」

ということで情熱点で合格をいただいたようです(´∀`*;)ゞ
精進します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。